地頭がいい人は、頭の中で何を?特徴!悪い人でも鍛える方法が分かれば?

頭が良い人の画像

地頭がいい人は、頭の中で何を?特徴!悪い人でも鍛える方法が分かれば?

2x = 6 なら x = 3

しかし、xは文字、3は数字

なぜイコールなのか。

この話に「地頭が良い」とは、どういうことか

表されています

x = 3、「文字 = 数字

厳密に言えば違うでしょう。

これに、何の違和感も持たない人もいれば

感覚的に引っかかってしまう人もいます。

上手く飲み込める人と

飲み込めない人がいます。

飲み込める人は、頭が柔らかい人

飲み込めない人は、頭が硬い人です。

地頭の良し悪しとして表現されることも

あります。

この感覚に引っかかるメカニズムを

理解すれば

養老孟司先生が、YouTubeで発信していた

内容の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

「イコール処理が上手いかどうか」が、地頭の良さに繋がっている!

CONTENTS

「イコール処理が上手いかどうか」が、地頭の良さに繋がっている!

「厳密には違うけれど、

同じということにしてしまおう

要するに同じ、ということにしてしまおう」

この処理がスムーズに出来るかどうかが、

頭の柔軟性・地頭の良し悪しに繋がっています。

例えば、リンゴで考えてみましょう。

リンゴには、シナノゴールド、

シナノスイートなどの品種があります。

品種で考えれば

シナノゴールド≠シナノスイートですが、

リンゴで考えれば

シナノゴールド=シナノスイートです。

私たちは、「品種で考える」「リンゴで考える」

を文脈や会話の流れなど、感覚で判断し

処理できます

しかし、頭が硬いの典型であるコンピュータは、

人間が「品種で考えてね」と、指示しなければ、

イコールの処理ができません

頭が柔らかい・地頭が良い人は、

このイコールの処理が早く、上手いのです。

例えば、頭が柔らかい・地頭が良い人は、

要点を掴むのが上手いでしょう。

何の内容がイコールとしてはダメなのか

何の内容がイコールとして良いのかを素早く

処理し、話の構造を整理できるからです。

まとめ

以上、

「イコール処理が上手いかどうか」が、地頭の良さに繋がっている!

を紹介しました。

2x = 6 のような、文字式の問題が始まったのを

境に算数・数学が嫌いになる、苦手になる人が

います。

それは、単に数学が性に合わないのではなく、

この処理が、腑に落ちていない可能性も

あります。

一般的に、イコール処理ができるレベルまで

脳が発達するのは、中学生ぐらいの時期

ちょうど文字式の問題が始まる時期です。

お子さんがいる方は、この観点で

教えてあげると効果があるかもしれません。

それでは、また!

出典

YouTube

チャンネル名:養老孟司の部屋

動画名:【養老孟司】頭の悪い人の考え方とは? 養老先生が解説します。

(動画1:00~あたりの内容を紹介しました)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS