QOL向上!フランス流!充実した生活・暮らしを送るコツ!本の知識!

本『フランス人は10着しか服を持たない』の画像

QOL向上!フランス流!充実した生活・暮らしを送るコツ!本の知識!

QOLを向上させるべく、何かを購入する。

それも良いかもしれませんが、

考え方を変えるだけでも

QOLは、簡単に上げられます

本『フランス人は10着しか服を持たない』から

学びましょう

本の著者が、フランス留学中に感じとった、

フランス流QOL向上の方法が、

紹介されています。

“フランス流”と聞くだけで、

なんだか効果がありそうな?笑

毎日の生活・暮らしを、

より充実させることが出来ます。

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 服10着しばりで、毎日が楽に!素敵になる!
  • 空腹を「良いこと」と捉えると、間食が減る!
  • 綺麗な盛り付けは、生活にも彩りを与える!
  • 上等な食器は、むしろ普段使いする!贅沢な毎日を味わう!
  • だらけてしまう?散らかっているから!美しいインテリアに!
CONTENTS

服10着しばりで、毎日が楽に!素敵になる!

あなたのクローゼットの中には、

どのくらい服がありますか?

中間期・夏期・冬期用で、

各10着ずつを目指しましょう!」

と言ったら?

「そんなの無理!無謀!」と、

思ってしまう程でしょうか?

しかし、10着に絞ると、

たくさんの恩恵が受けられます。

受けられる恩恵:

1) 常に、自分のお気に入りの、1軍の服を着て過ごすことができ、毎日がハッピーに。

2) 10着に絞る過程で「自分にはどんな色の服が、どんなスタイルの服が似合うか」「自分を、どのような印象の人として見せたいか」と、真剣に考えることになる。結果、見た目が向上する。

3) 出費が減る。「お気に入りの10着があれば十分」と思うようになり、セール品を見かけても無視することができるようになる。

4) 「今日、何を着ていくか」悩む時間が減る。そもそも10着しかないのだから。しかも、どれを着ても、お気に入り

5) クローゼットがスッキリする。衣替えが楽になる。

「10着?1週間に2回、同じ服を着ることに

なるじゃない!」

その通り。しかし、なぜ2回着ては

いけないのでしょう?

フランス人は、皆、同じ服を

しょっちゅう繰り返し着ています

思い込みなのです

空腹を「良いこと」と捉えると、間食が減る!

夕食の前に、お腹が空いてしまった

間食は良くない…我慢しなきゃ!」

我慢できない…何かテキトーに食べるか…」

お腹が空くことを、悪いこと

考え過ぎていませんか

空腹は、最高の調味料です。

お腹が空いてきた!ラッキー!

夕食がより美味しく感じられる!」

気持ちを切り替えてみましょう

切り替えることができるようになれば、

自然と間食も減るでしょう。

夕食がより美味しく食べられる

せっかくのチャンス・喜びを、

みすみす手放すことになるからです。

綺麗な盛り付けは、生活にも彩りを与える!

綺麗に、美しく盛り付けられた料理と、

ガサツな盛り付けの料理

サササッと食べてしまうのは

どちらの料理でしょう?

後者ですよね。

綺麗に盛り付けされた料理は、

自然と食べるスピードが遅くなります。

それ相応に、上品に

召し上がろうとするからです。

そして、食べるスピードが遅くなると、

良いことばかり

よく噛んで食べるようになり、消化が良くなる

満腹中枢が働くようになり、食べ過ぎを防げる

なにより、食事の際の家族時間が延びます

取り入れてみましょう

上等な食器は、むしろ普段使いする!贅沢な毎日を味わう!

結婚式の引き出物で頂いた食器

食器棚の奥底で、眠っていませんか?

普段使いしてみましょう

上等な食器は、食卓を彩り

毎日を特別にします

贅沢さを味わうことができ、

充実感を得ることが出来ます

だらけてしまう?散らかっているから!美しいインテリアに!

周りに誰もいない。

美術館のベンチに座っている。

だらけることが出来ますか

だらけられても、形だけ

気持ちが、入りませんよね。

美しい環境・インテリアの中では

自然と身が引き締まるのです。

「自分の部屋だと、だらけてしまう

それは、散らかっているから

インテリアを、整えてみましょう

まとめ

以上、

  • 服10着しばりで、毎日が楽に!素敵になる!
  • 空腹を「良いこと」と捉えると、間食が減る!
  • 綺麗な盛り付けは、生活にも彩りを与える!
  • 上等な食器は、むしろ普段使いする!贅沢な毎日を味わう!
  • だらけてしまう?散らかっているから!美しいインテリアに!

を紹介しました。

この本は、あのローランドさんが、

激推ししている本です。

気になり、読んでみました。

読む前は「ミニマリストの勧め的な本かな」と

思っていました。

たしかに「10着の服」の考え方は、

これに当たるかもしれません。

しかし、全体的に「豊かな生活を送るための

方法・考え方」が紹介されている本でした。

いくつか実践してみたところ、

かなり日々の充実感が増しました

激推しするのも納得です。

筆者も同じく、オススメします!

本書では、他にも多くの「方法・考え方」

紹介されています。

ぜひ読んでみてください

それでは、また!

出典

ジェニファー・スコット . フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣 . 大和書房 , 2014

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS