人間関係の教科書本から学ぶ!円滑なコミュニケーションに大切なこと!

本『人を動かす』の画像

人間関係の教科書本から学ぶ!円滑なコミュニケーションに大切なこと!

すべての悩みは、対人関係の課題である。

心理学者アルフレッド・アドラーの言葉です。

全く悩んでいない」という人は、

まずいないでしょう。

円滑なコミュニケーションを可能にする方法

学ぶことで、人生をより豊かに出来ます。

対人関係の悩みが、消えるからです。

不朽の名著『人を動かす』から、学びましょう

人間関係の教科書と言っても差し支えない本書。

長く、そして、多くの人に読まれ

支持されてきました

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 強い欲求を抱かせれば、人は動く!
  • 名前を覚えれば、人に好かれる!
  • 相手に興味を持てば、興味を持たれる!
  • 攻撃的な議論を避ければ、話し合いは円滑になる!
  • 相手より先に、自分で自分を非難した方が得!
  • 説き伏せるのは、穏やかになってから!
  • 「そして」に変えると、上手に注意できる!
  • 偉人に成り切れば、非難・小言を控えられる!
CONTENTS

強い欲求を抱かせれば、人は動く!

人を動かすには?

相手に強い欲求を抱かせましょう

人間の行動は、心の中の欲求からスタートします。

強い欲求があれば、自ら動きたくなります

人を説得して何かをやらせようとする前に

まず自分に問いかけてみましょう。

どうすれば、そうしたくなる気持ちを、

相手に起こさせることができるだろう?

客は自分で買いたいのであって

売りつけられるのは嫌なのです。

他人の立場から物事を見る能力が求められます。

名前を覚えれば、人に好かれる!

人に好かれるには?

相手の名前を覚えましょう

お世辞を言うより、名前を呼ぶ方が

よほど効果があります

有権者の名前を覚えること。それが、政治手腕というものである。それを忘れることは、すなわち、忘れられることである」

フランクリン・ルーズヴェルトの言葉

相手に興味を持てば、興味を持たれる!

相手に興味を持ってもらうには?

相手に興味を持ちましょう

どんな褒め言葉にも惑わされない人間でも、自分の話に心を奪われた聞き手には惑わされる

米国の小説家 ジャック・ウッドフォード

攻撃的な議論を避ければ、話し合いは円滑になる!

話し合いを円滑にするには?

攻撃的な議論を避けることです。

意見の不一致を歓迎せよ。二人の人間がいて、いつも意見が一致するなら、そのうちの一人は、いなくてもいい人間だ」

「腹を立ててはいけない。何に腹を立てるか、それで人間の大きさが決まってくる

本『片々録』

攻撃的な議論は、大方、双方に自説をますます

「正しい」と確信させて終わるものです。

自分としては、こう思うのだが…」

「なるほど、そういう場合もあるだろうが

しかし、この場合は、少し事情が違うように

思うのだが…」

自分の意見を断定しないように意識しましょう。

相手より先に、自分で自分を非難した方が得!

相手に、自分の落ち度を指摘されそうになったら?

自分で自分を非難しましょう

相手にガミガミ言われるより、自分に

ガミガミ言われる方がマシに感じませんか?

言うべきことを全て言われてしまった相手から、

許しの言葉が出てくることも、しばしば。

また、自己の過失を認めることは、その人間の

値打ちを引き上げることにも繋がります。

説き伏せるのは、穏やかになってから!

相手を説き伏せるには?

相手の心が穏やかになるのを待ちましょう

相手の心が、反抗と憎悪に満ちているときは、

いかに理を尽くしても説き伏せること

出来ません

自分が、あなたの味方だと伝えることから

始めましょう

「あなたがそう思うのは、もっともです。

もし私があなただったら、やはり、

そう思うでしょう」

人間は、一般に同情を欲しがります

穏やかになった後。

自分の失敗談を添えて、語りかけると、

なお良いでしょう。

「そして」に変えると、上手に注意できる!

上手に注意するには?

「しかし」を「そして」に、変えてみましょう

NG例

「ジョニー、お父さんもお母さんも、お前の今学期の成績があがって、本当に鼻が高いよ。しかし、代数をもっと勉強していたら、成績はもっと上がっていたと思うよ。」

「しかし」の言葉を聞いた途端、褒め言葉

本心なのか分からなくなります。

OK例

「ジョニー、お父さんもお母さんも、お前の今学期の成績があがって、本当に鼻が高いよ。そして、来学期も同じように勉強を続ければ、代数だって、他の科目と同じように成績が上がると思うよ。」

偉人に成り切れば、非難・小言を控えられる!

他人への非難・小言を控えるには?

「非難・小言を控えることは、優れた人格の

持ち主にしか出来ないことだ」と意識しましょう。

非難・小言は、誰にでも出来ることです。

「偉人は、小人物の扱い方によって、その偉大さを示す

英国の思想家 カーライルの言葉

非難・小言は、危険な行為でもあります

自尊心を傷つけられた相手は、攻撃的になります。

人を裁くな。人の裁きを受けるのが嫌なら

リンカーンが好んだ座右の銘

自分のことを、棚に上げてしまっていることも

しばしば。

自分の家の玄関が汚れているのに、隣の家の屋根の雪に文句をつけるな

孔子の教え

偉人になった気分で非難・小言を控え

自爆を回避しましょう。

まとめ

以上、

  • 強い欲求を抱かせれば、人は動く!
  • 名前を覚えれば、人に好かれる!
  • 相手に興味を持てば、興味を持たれる!
  • 攻撃的な議論を避ければ、話し合いは円滑になる!
  • 相手より先に、自分で自分を非難した方が得!
  • 説き伏せるのは、穏やかになってから!
  • 「そして」に変えると、上手に注意できる!
  • 偉人に成り切れば、非難・小言を控えられる!

を紹介しました。

本書では、他にも多くの人間関係を

円滑にするための教えが紹介されています。

本書を読んだ後に、他の対人関係系列の本

読むと、

「あれっ『人を動かす』で言ってたことと

同じ内容では?」と思うことがあるでしょう。

そのぐらい人間関係についてのエッセンス

詰め込まれた本書。

原点的な存在だと、筆者は思っています。

仮に「人生で一冊だけしかビジネス書が

読めない!」という人がいたとしたら?

その人には、この本を薦めます

まだ読んだことがない方は、

ぜひ読んでみてください。

強くオススメします!

それでは、また!

出典

デール・カーネギー . 人を動かす [新装版] . 創元社 , 1999

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS