内向型なのに処世術が上手い人は何を?特徴!仕事の困った根絶!本の知識!

本『「静かな人」の戦略書』の画像

内向型なのに処世術が上手い人は何を?特徴!仕事の困った根絶!本の知識!

内向型

苦労が絶えないですよね。

仕事環境の多くは、外向型に適している

頑張って、外向型のフリをして凌ぐものの

ストレスは溜まる一方…

苦労を、取り除きましょう

内向型でも上手く生き抜ける

オススメの処世術があります

本『「静かな人」の戦略書』から

学んでみましょう

こうすれば良かったのか!」と、

きっと思うはず

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 新環境で感じる居心地の悪さは、とりあえず一人、味方を作る方法で打開できる!
  • 新環境での「誰に聞けばいいのやら」問題、「誰に聞くのが適切ですか?」一人の味方に質問で打開できる!
  • テンパっても、「普段通り」に触れれば、落ち着きを取り戻せる!
  • 内向型のアナタは、ビジネスマンとして、むしろ有利!
  • 内向型が一人になりたがるのは、エネルギー充電のため!
CONTENTS

新環境で感じる居心地の悪さは、とりあえず一人、味方を作る方法で打開できる!

転職/部署異動で、今日から新しい環境

内向型の人にとっては、苦行期間の始まりです。

居心地の悪さを、強く感じてしまうから

これには、オススメの打開策があります。

とりあえず一人、友人・味方を作りましょう

その一人を足がかりに

少しずつ輪を広げていく

内向型人間の多くは、パーティなど

一度に大勢の人と交流するのは苦手

一人ずつがオススメです。

新環境での「誰に聞けばいいのやら」問題、「誰に聞くのが適切ですか?」一人の味方に質問で打開できる!

新しい環境で質問すること、苦手ですよね?

「これは、誰に聞けば良いのだろう?

内向型が抱える、典型的な悩みの一つです。

オススメの打開策があります。

〇〇のことで質問がありまして…

どなたかに、少しお時間頂いて

理解したいと思っているのですが、

どなたに伺えば良いでしょうか?

前述の一人の友人・味方になら聞けるでしょう。

その人が分かれば、そこで解決

分からなければ、紹介してもらうことで、

同時に友人・味方の輪も広げられます

テンパっても、「普段通り」に触れれば、落ち着きを取り戻せる!

不慣れな状況に直面したとき、

テンパってしまうことがあります。

内向型の人は、特に陥る機会が

多いのではないでしょうか?

オススメの打開策があります。

普段通りの環境に、触れましょう

自分自身を、普段通りのリズムに乗せる

戻すのです。

普段よく聴く曲を聴いてみたり

普段使っているペンを握ってみたり

また、不慣れな状況に、自分を慣らす

アプローチも有効です。

発表会場に早く入って

慣らす時間を確保してみましょう。

内向型のアナタは、ビジネスマンとして、むしろ有利!

ビジネスの場の多くで、外向型の振る舞い

求められます

なので、内向型の人の多くは、

外向型の仮面を、頑張って被ります

内向型の人の方が「損だ」と、思いますか?

必ずしも、そうとは言えません

仮面を被れる」ということは、つまり

内向性と外向性を切り替えられる」ということ。

「内向型と外向型の両方の利点を活かして

仕事を担当することが出来る」ということです。

内向型の利点は、多くあります

内向型の利点:

(1) 持ち前の敏感さ・感受性の豊かさから、相手の考えや感情、ニーズを理解することが得意

(2) その理解の深さから、往々にして「いい質問」が出来る

(3) 和を重んじるため、交渉事において、双方にメリットのある妥協点を見つけることが得意

(4) 普段からしっかり考えて、調べてから、行動することが多いため、分析能力が比較的高い

(5)繊細さ・几帳面さからか、細かいミスを見つけることが得意

etc.

むしろ、得なのかもしれません。

内向型が一人になりたがるのは、エネルギー充電のため!

休日は、一人で静かに過ごしています

外向型のアナタが、こう聞くと

少し心配してしまうかもしれません。

でも、心配は不要

内向型の人は、エネルギー

チャージするために、しばしば、

一人になる必要があるのです。

元気を取り戻す方法が、

内向型と、外向型とでは、異なるのです。

今日は、とびきり疲れたな」と感じた

内向型さんは、一人の時間を、いつもより多く

確保するようにしましょう。

早く回復できるはずです。

まとめ

以上、

  • 新環境で感じる居心地の悪さは、とりあえず一人、味方を作る方法で打開できる!
  • 新環境での「誰に聞けばいいのやら」問題、「誰に聞くのが適切ですか?」一人の味方に質問で打開できる!
  • テンパっても、「普段通り」に触れれば、落ち着きを取り戻せる!
  • 内向型のアナタは、ビジネスマンとして、むしろ有利!
  • 内向型が一人になりたがるのは、エネルギー充電のため!

を紹介しました。

筆者の私も、まぁまぁレベルの内向型です。

本書で紹介される「こんなことで

困ってますよね?」が、どハマりしました。

「まさに、そう!」共感の嵐

紹介される打開策の納得感も高く

もっと早く知りたかったなぁ」の嵐でした

本記事内容以外にも、本書では多くの打開策

紹介されています。

自分は、内向型寄りだなぁ」と、感じる人は

もちろんのこと、

内向型の知人・友人の取り扱い説明書として

読んでみるのもオススメです。

オススメの本です

それでは、また!

出典

ジル・チャン . 「静かな人」の戦略書 騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 . ダイヤモンド社 , 2022

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS