名著が教える不安・悩み事の解消方法!原因の消し方!対処法!本の知識!

本『道は開ける』の画像

名著が教える不安・悩み事の解消方法!原因の消し方!対処法!本の知識!

悩み・不安を抱えていませんか?

悩み・不安は、人生を台無しにします。

ある考え方を身につければ、

悩み・不安が驚くほど、少なくなり

また、抱きにくくなります

不朽の名著『道は開ける』から

考え方を学びましょう

悩み・不安が限りなく少ない、幸せな人生

送ることが出来るようになります。

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 「悩む」を「考える」に変えれば、事態は好転する!
  • コントロールできないことを悩んでも意味がない!
  • 暇な時間があるから悩んでしまう!多忙にする!
  • 悩みの放置は、毒状態と一緒!すぐに対処する!
  • 「悩み」は、自分自身で生み出している!
CONTENTS

「悩む」を「考える」に変えれば、事態は好転する!

「考える」と「悩む」は、違います。

悩んでいる限り、答えは見えてきません

“考えて”いないのですから

「悩む」を「考える」に変えるには

「悩む」を「考える」に変える3ステップ

1. 「起こりうる最悪の事態は何か」と自問する。

2. やむを得ない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をする

3. 最後に落ち着いて、少しでも最悪の事態好転するように努力する

コントロールできないことを悩んでも意味がない!

悩んでいる対象が、自分でコントロールできる

ものなのか、考えてみましょう。

コントロールできないものについて、悩んでも

意味がありません

自分では、どうしようも出来ないのですから

例:試験後の悩み

試験を受けたが、手応えが良くない

不合格かもしれない」と悩む。

試験は終わっています

今から何かをしたら合格に変わるのでしょうか

コントロールできないことだ」と

判断できれば、悩みは消え去ります

暇な時間があるから悩んでしまう!多忙にする!

悩みにくくするには

自分を多忙にしましょう。

暇な時間があるから悩んでしまうのです。

悩みの放置は、毒状態と一緒!すぐに対処する!

悩みが生まれたら、すぐに対処するように

心掛けましょう。

悩みを放置するほど、RPGゲームの

毒状態のように、精神的ダメージを受け続けます

「悩み」は、自分自身で生み出している!

悩みは、どのように生まれるのでしょう?

悩みは、判断の根拠となる知識が十分でないのに

あえて判断を下そうとするため、生じます

曖昧な考えから、漠然とした不安=悩みという、

現実とはかけ離れた、想像の産物が生まれます

人は、起こることよりも、起こることを

どう評価するかによって、傷つきます

まとめ

以上、

  • 「悩む」を「考える」に変えれば、事態は好転する!
  • コントロールできないことを悩んでも意味がない!
  • 暇な時間があるから悩んでしまう!多忙にする!
  • 悩みの放置は、毒状態と一緒!すぐに対処する!
  • 「悩み」は、自分自身で生み出している!

を紹介しました。

本書は「メンタル強化」のカテゴリー

入る本だと思います。

しかし、本のタイトルのせいか、あまり正しく

認知されていない印象です。

かく言う私も、本書を読むまでは

キャリアップとか生き方を説いた本なのか」と

勘違いしていました。

本書では、紹介した以外にも

多くの悩み・不安の対処法が紹介されています。

ストレス社会を生き抜くための

バイブルになると思います。

ぜひ読んでみて下さい。

オススメの本です!

それでは、また!

出典

デール・カーネギー . 道は開ける [新装版] . 創元社 , 1999

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS