驚きの心理効果?知っておいた方がいい、人間心理の癖!本の知識!

本『不合理だからうまくいく』の画像

驚きの心理効果?知っておいた方がいい、人間心理の癖!本の知識!

えっ!意外!

研究によって、沢山の心理効果

明らかにされていますが、

そのうち、アナタは、どれくらいの数、

知っているでしょうか?

たしかに「なんとなく、

こんな心理の癖ありそう」と、

効果の実態を知らずとも

予想して活用できる場面もあるでしょう。

しかし、中には、もちろん、

意外な癖もあります。

その意外な癖を、知らないと

損するかも?

不利になるかも?

オウンゴールしてしまうかも?

嫌ですよね。避けたいですよね

本『不合理だからうまくいく』を、

頼りましょう

アナタの知らない

驚きの心理効果を教えてくれますよ。

これで、一安心ですね!

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 「頭を使う」作業への、高額な「ご褒美」の提示は、逆効果になる可能性大!
  • 「一人の人間の苦しみ」にフォーカスを当てれば、多額の寄付が集まる!
CONTENTS

「頭を使う」作業への、高額な「ご褒美」の提示は、逆効果になる可能性大!

アナタは、とてつもない大金持ち

そんなアナタの身内が、

手術をすることになりました。

「絶対に、手術を成功させたい」と思った

アナタは、

担当の医者に「高額の成功報酬を払う」約束

持ち掛けました

…さて、この行動、実験にて

無意味ないし逆効果になる可能性が高いことが

明らかにされています。

たしかに、機械的な単純作業であれば

お金をエサに頑張らせること

有効なアプローチです。

しかし、いわゆる「頭を使う」作業については、

エサに気を取られ、集中力を欠いてしまう結果と

なってしまう可能性が高いことが分かっています。

この問題に正解できたら1,000万円!」と

言われた状況を想像してみて下さい。

緊張して上手く

頭を働かせれない気がしますよね

ご褒美作戦、使い所に注意です。

「一人の人間の苦しみ」にフォーカスを当てれば、多額の寄付が集まる!

もし「多額の寄付を募りたい」と思うなら

「一人の人間の苦しみ」にフォーカスを

当てましょう。

財布の紐を緩めるカギは、

苦しみへの共感・同情です。

大勢の苦しみは、どこか、

数字の並び・統計的なものに映ってしまい

他人事に、共感・同情を呼ばないものに

なってしまいがちであることが、

実験にて明らかにされています。

犠牲者効果を調べた実験:

実験協力者に、アンケートへ答えてもらい(このアンケート内容は、実験には関係がない)、このアンケートへの協力代として5ドルの報酬を支払った

その後、寄付を募る文を読んでもらった。そして、「先ほど受け取った5ドルの内から、いくらか寄付をしてもらえないか」と、持ち掛けた

さて、この寄付を募る文には2種類ある。「統計的」条件と「顔のある」条件と名付けられたものだ。「統計的」条件は、大勢の苦しみを、「顔のある」条件は、一人の苦しみを、訴えている

「統計的」条件の文

マラウイでは、300万人を超える子供たちが、食糧不足に苦しんでいます。ザンビアでは、深刻な雨不足のせいで、トウモロコシの生産量が、2000年に比べて42%も減少し、およそ300万人もの人が、飢えに苦しんでいるのです。またアゴラでは400万人(人口の3分の1)が家を追われ、エチオピアでは1100万人を超える人が、食糧援助を早急に必要としています。

本書p332より引用

「顔のある」条件の文

あなたの寄付があれば、ロキア(マリ共和国で飢えに苦しむ、極貧の7歳の少女)の生活を、より良いものにすることが出来るのです。セーブ・ザ・チルドレンは、アナタの支援と、寛大なスポンサーの援助のもとに、ロキアの家族や地域社会の人々と力を合わせて、ロキアに食べ物を与え、教育を受けさせ、基本的な医療や衛生教育を提供するために活動しています。

本書p333より引用

結果は?「顔のある」条件は、「統計的」条件の2倍以上の寄付を集めた

募金箱に、よく子供の写真が

添えられている理由が、分かりましたか?

1人の死は悲劇だ。しかし100万人の死は、統計上の数字に過ぎない。

ヨシフ・スターリン

まとめ

以上、

  • 「頭を使う」作業への、高額な「ご褒美」の提示は、逆効果になる可能性大!
  • 「一人の人間の苦しみ」にフォーカスを当てれば、多額の寄付が集まる!

を紹介しました。

読みやすい

この本を読みながら、こう思いました

心理学・行動経済学の専門書というと、

堅苦しい本も珍しくありません

しかし、本書は別

くだけた文章で書かれているため

スラスラ読めます

心理学・行動経済学に興味はあるけれど

難しいのはなぁー」と思っている方は、

ぜひ本書を

そして、続きで、どんどん

本書、著者作シリーズ本を読んでみて下さい

どの本も、くだけたテイストで書かれていて、

ホント読みやすく、オススメですよ。

通しで、ぜひ!

(著者作シリーズ本、本サイトで

内容紹介しています

気になった方は、ぜひ続きを! ↓↓)

それでは、また!

出典

ダン・アリエリー . 不合理だからうまくいく 行動経済学で「人を動かす」 . 早川書房 , 2014

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS