ビジネス会話は苦手?上手にコミュニケーションを取るコツ!本の知識!

書籍『超一流の雑談力』の画像

ビジネス会話は苦手?上手にコミュニケーションを取るコツ!本の知識!

角が立つ話題は控えないと…

「本題に入る前に、雑談から入らないと…

でも話題が…

ビジネス上の会話には、

独特の難しさがあります

上手く世渡りするためには、

会話術を身につけておきたいところ。

ビジネス書のベストセラー本

『超一流の雑談力』から、学びましょう

こう言えば良かったんだ!」と、

きっと思うはずです。

本書から知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 「ところで、本日は…」は、雑談で作った良い流れを断ち切ってしまう!
  • 反論は「うかつでした!」作戦を使えば上手く受け流せる!
  • (おまけ) 手土産は「手間を渡せるもの」がオススメ!
CONTENTS

「ところで、本日は…」は、雑談で作った良い流れを断ち切ってしまう!

商談の前に雑談

雑談で良い雰囲気が作れた

ところで、本日は…」と

言ってしまっていませんか?

非常に勿体ないです。

「ところで、本日は…」と切り出してしまうと、

せっかく作った良い雰囲気を断ち切ることに

なります。

相手に身構えられてしまいます

自分も「これから本題を話さなきゃ」

緊張してしまいます

例:

〇〇と言えば、このようなご提案があるのですが…」

今のお話、お力になれますよ!例えば…」

実は私どもも同じことを考えておりまして…」

雑談がヒントになった体で

「そういえば…」と本題に移ってみましょう。

「まだまだ雑談を続けるつもりだったけれど、

ちょうど良いキーワードが出てきたので

といった気持ちを込めましょう。

「今あなたの持っている課題を解決できる

ものが、そういえばありました!」という

スタンスでもOKです。

商談の場合を例に説明しましたが、

「そういえば…」の方法は、これに限った

対処法ではありません

雑談の後に本題が控えている場合に使える

汎用性の高いテクニックです。

いろいろな会話で使ってみましょう。

反論は「うかつでした!」作戦を使えば上手く受け流せる!

会話中に、相手から反論

受けてしまうことがあります。

その反論が気に食わない場合

どうしていますか?

反論に応じず「うかつでした!」作戦

上手く受け流すのがオススメです。

例:

Aさん「家を買うなら中古物件ですよね。」

Bさん「うーん、それはどうですかね。耐震性とか、気になりませんか?」

Aさん「いやぁ、うかつでした!たしかに!ということは、Bさんは、新築を建てられたんですか?」

賛成も反対もしない相槌を打つことが

出来ます。

「うかつでした!」と適当に相槌を打っておき

すぐに話題をずらしてしまいましょう

(おまけ) 手土産は「手間を渡せるもの」がオススメ!

手土産は、どんなものが良いのだろう」と

迷った経験、ありますか?

大したものではないけれど

わざわざ行かないと手に入らないもの」が

オススメです。

ご当地の限定品などが典型です。

品物ではなく、手間を渡しましょう

まとめ

以上、

  • 「ところで、本日は…」は、雑談で作った良い流れを断ち切ってしまう!
  • 反論は「うかつでした!」作戦を使えば上手く受け流せる!
  • (おまけ) 手土産は「手間を渡せるもの」がオススメ!

を紹介しました。

本タイトルに「雑談」とあるため、

雑談限定の本だと思われがちです。

しかし、本記事で紹介したように、

本書の知識は広く会話全般で使えます

「商談の機会とかないし、私には関係ないかな

思っていた方

充分、学びがあると思います

紹介した以外にも、多くの会話術

紹介されています。

ぜひ読んでみてください。

オススメの本です

それでは、また!

出典

安田正  . 超一流の雑談力 . 文響社 , 2015

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS