コミュニケーションスキル向上!会話上手は使ってる?技法紹介!本の知識!

書籍『超一流の雑談力「超・実践編」』の画像

コミュニケーションスキル向上!会話上手は使ってる?技法紹介!本の知識!

会話上手は、なぜ、あんなにスラスラと、

そして、円満に会話をこなせるのでしょう。

こんな時には、大体こんな感じで話せば

大丈夫だろう」という勘が鋭く

それが概ね的を得るからです。

勘がイマイチな人は

正解の会話技法を身につければ良いだけです。

技法を身につければ

着実に会話上手に近づきます。

『超一流の雑談力「超・実践編」』から

技法を学びましょう

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 「パ行のオノマトペ」を使えば、会話がポジティブなニュアンスになる!
  • 相手が発した言葉を組み込むと「聞いてますよ」アピールができる!
  • 「ふと思い浮かんだ」作戦を使えば、上手に反対できる!
  • 「情報の階層化」を使えば、分かりやすく伝えられる!
CONTENTS

「パ行のオノマトペ」を使えば、会話がポジティブなニュアンスになる!

会話に、ポジティブなニュアンス

出したい時、使えるテクニックがあります。

パ行のオノマトペ( = 擬音語、擬態語のこと)を

入れましょう。

パ行のオノマトペ

パ=「パーッと」「パリパリ」など

ピ=「ピンと」「ピッタリ」など

プ=「プリプリ」「プルプル」など

ペ=「ペラペラ」「ペロッと」など

ポ=「ポロッと」「ポロポロ」など

パ行は破裂音です。

印象を強く残すことができ、他の音と比べて

ダントツに「明るさ」「軽さ」があります

例:

「涙を禁じえませんでした」

→「涙がポロポロ止まりませんでした」

より感動がダイナミックになります。

「あまりにも美味しいもので箸が止まりませんでした」

→「あまりにも美味しくて、ペロッと平らげてしまいました」

よっぽど美味しかったんだろうなと思わせることができます。

自分の気持ちを表したい時などに使うと、

特に効果的です。

ライティングにも使えるテクニック。

相手が発した言葉を組み込むと「聞いてますよ」アピールができる!

相手へ、簡単に「この人は真剣に

話を聞いてくれている」と感じさせる

テクニックがあります。

相手が何気なく出した単語を記憶しておき、

会話の合間に挟みましょう

例:

「だから先程〇〇とおっしゃっていたんですね!」

「先程おっしゃっていた〇〇、とても興味があります!」

いくつかキーワードを

覚えておくだけで使えます

簡単な割にスゴく効果的です。

「ふと思い浮かんだ」作戦を使えば、上手に反対できる!

上司やお客さんなどの提案に対して

反対したい時に使えるテクニックがあります。

ふと思い浮かんでしまったのですが…」と

切り出しましょう。

例:

「素晴らしい提案ですね。ただ、ふと思い浮かんでしまったのですが…〇〇のような考えはどうでしょうか?」

せっかく提案をいただいたのに

ふとこんなアイデアが浮かんでしまい

すみません…」といった気持ちで

切り出すのがポイント。

相手の考えを否定せずに

話を転換することができます。

「情報の階層化」を使えば、分かりやすく伝えられる!

スピーチや面接などの際に、相手に分かりやすく

話すことが出来るテクニックがあります。

「情報の階層」を意識して話しましょう。

思いついたようにポンポンと単語

飛び込んでくる話は、理解困難です。

例:

私の強みは、”責任感”と”社交性”の2つだと感じています。1つめの責任感については、今まで一度も仕事を投げ出さず、やり切れた経験があるため、強みの一つだと感じています。また「どんな仕事もやり通す」と言う信念を持っていることも、理由になっていると感じています。2つめの社交性については…

「強み」の下層に「責任感」と「社交性」がある。「責任感」の下層に「仕事をやり切った経験」と「仕事をやり通す信念」がある。

緊張・パニックを和らげる効果もあります。

話すことを1語1句、暗記して臨むと、

かなり緊張しませんか?

階層化の構造とキーワードだけ

頭に入れて臨みましょう

覚えておく内容が少なくなり

忘れないように」というプレッシャー
和らぎます

緊張がほぐれるでしょう。

多少言葉が事前のリハーサルと違ってもOK

階層化の構造とキーワードが合っていれば

話した内容に大きな違いはないからです。

まとめ

以上、

  • 「パ行のオノマトペ」を使えば、会話がポジティブなニュアンスになる!
  • 相手が発した言葉を組み込むと「聞いてますよ」アピールができる!
  • 「ふと思い浮かんだ」作戦を使えば、上手に反対できる!
  • 「情報の階層化」を使えば、分かりやすく伝えられる!

を紹介しました。

本書では、他にも、多くの会話テクニック

紹介されています。

本のタイトルは「雑談」ですが、「雑談も含めた

会話全般で使えるテクニックの紹介」といった

印象が強い本です。

いろいろな場面で使えるテクニックが満載です。

ぜひ読んでみて下さい。

オススメの本です

それでは、また!

出典

安田正  . 超一流の雑談力「超・実践編」 . 文響社 , 2016

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS