マーケティング・マネジメント勉強前に!経営本名著から学ぶ大前提の知識!

本『マネジメント』の画像

マーケティング・マネジメント勉強前に!経営本名著から学ぶ大前提の知識!

マーケティング、マネジメント

昇格や部署移動などを理由に、学び始める

「とにかく、何か本を読んで勉強しないと」

その前に、基本となる考え方、大前提

抑えることをオススメします。

経営本の名著『マネジメント』から

学びましょう

マーケティング・マネジメント理論は、

数多くあります。

何を支持すれば良いのか

迷ってしまうでしょう。

本書の知識が、学んでいく上での

道標となります。

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 会社とするメリットは、人の強みを発揮、弱みを中和できることにある!
  • 「どうやったら売れるか?」考えるのはNG!顧客目線で考える!
  • マーケティングなどに役立つ、会社の使命!それは、顧客を満足させること!
  • (おまけ) 専門家だからこそ、コミュニケーション力が問われる!
CONTENTS

会社とするメリットは、人の強みを発揮、弱みを中和できることにある!

会社という組織形態をとるメリットを、

考えたことは、ありますか?

人の強みを、発揮させられること」

人の弱みを、中和させられること」が、

会社とするメリットです。

強み・弱みを見極め、適材適所に

人を配置することが、マネジメントです。

「どうやったら売れるか?」考えるのはNG!顧客目線で考える!

マーケティング

「顧客に、どうやったら売れるか」ではなく

「顧客は、何を買いたいか」を考えましょう。

自社の商品・サービスに、できること」を

探すのではなく、「顧客が、求めている商品・

サービス」を探しましょう

会社目線から、マーケティングをスタート

してしまう人が、少なくありません。

本質を捉えることが、できないでしょう。

顧客からスタートすることを、オススメします。

マーケティングなどに役立つ、会社の使命!それは、顧客を満足させること!

自分の所属する会社の使命について、

考えたことはありますか?

就活対策で、考えたものの、会社紹介

パンフレットからの引用とした人が、

ほとんどでしょう。

自分なりに、使命を定義・整理してみましょう。

新商品・サービスの提案や、マーケティング

マネジメントの実施などの際、発想の

きっかけになります。

使命は、例外なく「自社の商品・サービスに

よって、顧客を満足させること」です。

自社の特徴を踏まえ、具体的にしてみましょう。

(おまけ) 専門家だからこそ、コミュニケーション力が問われる!

あなたは、専門家でしょうか?

「専門家は、技術屋なのだから、腕っぷしさえ

あれば、それで良い」と思っていませんか

専門家は「自分のアウトプットが、専門家でない

他者に理解されない限り、成果にはならない」と

理解しなければいけません

むしろコミュニケーション力が必要なのです。

まとめ

以上、

  • 会社とするメリットは、人の強みを発揮、弱みを中和できることにある!
  • 「どうやったら売れるか?」考えるのはNG!顧客目線で考える!
  • マーケティングなどに役立つ、会社の使命!それは、顧客を満足させること!
  • (おまけ) 専門家だからこそ、コミュニケーション力が問われる!

を紹介しました。

筆者は、ドラッカーの『マネジメント』を

学ぶにあたり、小説化された

通称『もしドラ』を読みました

(もしドラ=もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの『マネジメント』を読んだら)

野球部を『マネジメント』の理論を使って

立て直す物語が描かれています。

物語を読んでいく中で、ドラッカーの

『マネジメント』が学べる本です。

一般に読みづらい印象がある、会社経営の

理論を、大変読みやすく、そして、詳細に、

豊富に紹介しています。

これだけでも凄いのですが、加えて

「その会社理論を、野球部という一般組織に

当てはめると、こうなる

というところまで、紹介しています。

素晴らしい本です。

ビジネス理論は、ビジネスに限った

ものではなく広く、日常にも応用可能だ」

ということが、よく分かります

マネジメント、マーケティングスキルは特に…

という人でも、この応用の思考法は、

学んでおくべきだと感じます。

ぜひ読んでみてください。

非常にオススメの本です

それでは、また!

出典

ピーター・ドラッカー . マネジメント[エッセンシャル版] 基本と原則 . ダイヤモンド社 , 2001

岩崎夏海 . もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら . ダイヤモンド社 , 2009

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS