やる気を出す方法!脳の仕組みを使ってモチベーションを上げる!本の知識!

本『神モチベーション』の画像

やる気を出す方法!脳の仕組みを使ってモチベーションを上げる!本の知識!

やる気が出ない

モチベが上がらない

誰しも悩んだ経験があると思います。

もし、システマチックに、やる気・モチベ

上げられるテクニックがあるとしたら

多くの目標を叶えられるようになりますね!

『神モチベーション』から、学びましょう

脳の仕組みを上手く使えば

やる気・モチベーションは、

コントロールできます

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • やる気・モチベーションは”急に”上げてはいけない!
  • 大きなギャップを作り出せば、やる気・モチベーションは思い通り!
  • 目標と現状との間にある”大きなギャップ”を意識すれば、反射レベルで行動できる!
  • 大きなギャップから生まれたモチベーション・やる気なら急に上げてもOK!
  • 人との繋がりを思い浮かべると継続力がUPする!
  • 「目標達成できた自分」に問いかければ、誘惑は撥ね除けられる!
  • 目標達成には、ルーティンの活用もオススメ!
  • (おまけ) 脳は、ネガティブな情報を見つけやすいように出来ている!
CONTENTS

やる気・モチベーションは”急に”上げてはいけない!

今日から夏休み。夏休みの宿題が出された。

「よし頑張るぞ!

初日から一気に10ページやってやる!」

数日後、途端にペースダウン

初日のモチベ・やる気は、どこへやら

経験、ないでしょうか?

実は、これ、起こるべくして起きる

心理現象なのです。

急に上げたモチベ・やる気は、下がりやすい

特徴があります。

続かないのです。

大きなギャップを作り出せば、やる気・モチベーションは思い通り!

しかしながら、最終的には夏休みの宿題

なんとか終わらせる人が、ほとんどでしょう。

夏休み終盤に「このままでは、間に合わない!

感じて、一気に取り組んだからでは、

ないでしょうか?

宿題の進捗と、夏休みの残り日数との間にある

”大きなギャップ”を感じたのです。

大きなギャップを感じると、モチベ・やる気の

次元ではなくなります

「ヤバい!」となるからです。

反射的に行動できます

…ということは、この”大きなギャップ”を

意図的に作り出せれば、モチベ・やる気を

コントロールできるのでは?

目標と現状との間にある”大きなギャップ”を意識すれば、反射レベルで行動できる!

目標を掲げ、何かにトライする。

トライする前に、目標と現状との間にある

”大きなギャップ”を強く意識してみましょう。

受験勉強の際に、経験した感覚に近いのでは

ないでしょうか?

模試結果で、志望校の合格判定が

芳しくなかった

このままではヤバい!」となって、

勉強に一層身が入った

掲げた目標に向けて、何かにトライする前に、

自分で模試を行うイメージです。

やる気・モチベに左右されず、反射レベルで

行動できるようになります。

大きなギャップから生まれたモチベーション・やる気なら急に上げてもOK!

急に上げたモチベ・やる気は下がりやすい

解説しました。

しかし“大きなギャップ”から生まれる、それは、

これに該当しません

モチベ・やる気の次元ではなく、反射的な

行動によるものだからです。

人との繋がりを思い浮かべると継続力がUPする!

受験勉強

一緒の志望校を目指す友達のことを思い浮かべる。

きっと、あの子も頑張ってる。私も!」と、

もうひと頑張りする。

この効果は、研究で証明されています

人間関係を考えると、忍耐力が50%増加する

と報告されています。

アメリカのドラマで、会社デスクに家族写真

飾ってあったりしますが、この効果

知っていてなのでしょうか?

「目標達成できた自分」に問いかければ、誘惑は撥ね除けられる!

目標達成では、誘惑の撃退が課題となります。

目標を達成した自分を想像し、その自分に

こんな誘惑が来たけど、どうしよう?」と

相談してみましょう。

客観視に繋がり、かなりの効果が期待できます。

目標達成には、ルーティンの活用もオススメ!

あなたにはルーティンが、ありますか

大抵の人が「特には…」と回答するでしょう。

それは、作ったことがないからです。

作ってみましょう

多くの人が、なんとなくルーティンらしき行動

繰り返しています

その、なんとなくの行動の繰り返しを、少しでも、

掲げた目標に近づけるものに変えられたら

試してみてください。

やってみたら意外と出来たりすることもあります。

一般的にルーティン・習慣は、21日間で

定着すると言われています。

(おまけ) 脳は、ネガティブな情報を見つけやすいように出来ている!

私たちの脳は「ネガティブな情報」

見つけすいように出来ています

なぜなら、古来より「死なないこと」が

生物上の最優先事項だからです。

深く脳に刻まれています

ネガティブなニュースばかり取り上げられるのは

この仕組みを利用しようとの思惑からです。

注目度・視聴率が、高まります

人の良くない部分・できていない部分に、

つい目がいってしまうのも、この仕組みから

意識的にポジティブな情報を見つけよう

するだけで、人生が大きく好転するでしょう。

まとめ

以上、

  • やる気・モチベーションは”急に”上げてはいけない!
  • 大きなギャップを作り出せば、やる気・モチベーションは思い通り!
  • 目標と現状との間にある”大きなギャップ”を意識すれば、反射レベルで行動できる!
  • 大きなギャップから生まれたモチベーション・やる気なら急に上げてもOK!
  • 人との繋がりを思い浮かべると継続力がUPする!
  • 「目標達成できた自分」に問いかければ、誘惑は撥ね除けられる!
  • 目標達成には、ルーティンの活用もオススメ!
  • (おまけ) 脳は、ネガティブな情報を見つけやすいように出来ている!

を紹介しました。

社会人になってから、やる気に満ち満ちた

感覚感じる機会が減ったなー」と

思いませんか?

本書を読んで「だからか!」と思いました。

学生までは、宿題・レポートの提出があります。

“大きなギャップ”を感じて、何かに必死に

打ち込む機会が、自然と生まれていたのです。

本書のテクニックを使っているうちに

学生の頃のバイタリティが戻ってくるかも

しれませんね。

本書は、紹介した以外にも、やる気・モチベ

上げ方のテクニックが豊富に紹介されています。

ぜひ読んでみてください。

オススメの本です

それでは、また!

出典

星渉 . 神モチベーション 「やる気」しだいで人生は思い通り . SBクリエイティブ , 2021

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS