分かりやすい説明の仕方・伝え方!結論から話す!話し方コツ!本の知識!

本『頭のいい人が話す前に考えていること』の画像

分かりやすい説明の仕方・伝え方!結論から話す!話し方コツ!本の知識!

上司への報告

分かりやすく説明するために、結論から話す。

しかし、上手く伝わっていない様子…

どこが、いけないのだろう?

本『頭のいい人が話す前に考えていること』

から、学んでみましょう

本当の“結論から話す”が、

できるようになります。

分かりやすく報告することが、

できるようになります。

本書の知識を切り抜き、紹介します。

知識の切り抜き

  • 「結論から話せ」=「相手が聞きたい話を最初にしろ」!
  • 結論から話すことで「どんな気持ちで、聞いてほしいか」始めに伝えられる!
  • (おまけ) 反対意見を伝える。「もし仮に」法がオススメ!
  • (おまけ) 「怒れてきたら、とりあえず、黙る」で、トラブルは激減する!
CONTENTS

「結論から話せ」=「相手が聞きたい話を最初にしろ」!

結論から話せ

このアドバイス、本質的には

何を言っているのでしょうか?

相手が聞きたい話を、最初にしろ」です。

結論から話すように心掛けているのに

相手に上手く伝わらない…」

お悩みの人は、「相手が聞きたい話」に

なっているか、考えてみてください。

結論から話すことで「どんな気持ちで、聞いてほしいか」始めに伝えられる!

結論から話すメリットは、もう一つあります。

どんな気持ちで、相手に聞いてほしいか

始めに知らせることが、できる点です。

込み入った相談なのか

雑談レベルの話なのかで、

聞くスタンスは変わります

相手目線に立てるようになると、話し方・

伝え方は、大きく改善されるでしょう。

前述の「聞きたい話」にも、当てはまります

(おまけ) 反対意見を伝える。「もし仮に」法がオススメ!

反対意見を伝えるときに、

便利な言い回しがあります。

「もし仮に」法です。

例:

「社長の意見に対して、〇〇といった反対意見も社員から出る可能性がありますが、いかがですか?」

自分が反対しているわけではないのが

ポイントです。

加えて「可能性もある」と、

反対の意を濁すことも出来ています

また、本心を聞き出すことにも、応用できます

例:

もし私が部長の立場だったら、プレッシャーに押しつぶされそうになると思うんですが、部長はどうですか?」

(おまけ) 「怒れてきたら、とりあえず、黙る」で、トラブルは激減する!

オススメの「怒りへの対処法」が、あります。

すぐに口を開かないこと」です。

諸説あるものの、一般に「怒りによって

吹き飛んだ理性が戻ってくるのに、6秒かかる

と言われています。

この、理性が働かない6秒間の内に

好き放題やられてしまう

6秒後に理性が戻ってきても、引っ込みがつかず

怒り続けてしまう人が、ほとんどでしょう。

怒れてきたら、とりあえず、黙る

トラブルが、激減するでしょう。

まとめ

以上、

  • 「結論から話せ」=「相手が聞きたい話を最初にしろ」!
  • 結論から話すことで「どんな気持ちで、聞いてほしいか」始めに伝えられる!
  • (おまけ) 反対意見を伝える。「もし仮に」法がオススメ!
  • (おまけ) 「怒れてきたら、とりあえず、黙る」で、トラブルは激減する!

を紹介しました。

説明の上手い下手って、如実に差が表れますよね。

頭の出来が違う」と、諦めがちですが、

少しのコツの習得で、意外と

改善できたりするものです。

本書では、他にも「分かりやすく説明するための

コツ」が、多く紹介されています。

本書を参考に、鍛えてみてください

大変、勉強になると思います。

オススメの本です

それでは、また!

出典

安達裕哉 . 頭のいい人が話す前に考えていること . ダイヤモンド社 , 2023

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS